読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大工の一本道

大工の落書き

大工道具 玄翁2


お疲れ様です
イケメン大工のamouです

、、さて 笑

シンプルなものを追求していくと 
今まで見えていなかったものが
次々と見えてきたりします
宇宙的です
製作はシンプルで単純なものほど難しい
誤魔化しがきかない

世の中 全てどんな事でも
突き詰めれば
結果 シンプルで
単純なものなのかもしれません

シンプルシンプルうるさいですね

では
てなわけで

柄の仕込み 
柄をすげる とも言います

大工さん達の中で 
玄翁の柄は
かなりお気に入りに個人差があり
これじゃなきゃダメ‼︎とか
大工同士でも人の道具に滅多な事は言えません
大工さんは
癖がある方が多いから怖いですよ笑

こっそり恐々Blogに書きます 笑

ここでの仕込みは
穴大工の仕込みです
穴大工わからない方 Googleで笑


今はこの仕込みです


最も良い仕込み時期は
1番乾燥した2月から3月

大安で
晴れた日がいいと思います 

なんとなく笑

基本的に
玄翁は購入する時に柄は付いていません
玄翁の頭だけ握って
ガシガシ
釘とか鑿とか打ってもいいんですけど

とりあえず 柄はつけましょう

材質です
白樫 赤樫 グミ 牛ゴロシ 青タモ 槐 栗 黒タン 、、
色々試しました
イチロー選手のバットと同じ北海道青タモ材料とか 
縁起のいい槐とか
グミ 牛ゴロシ皮付き芯もちでー
グイーンと曲げて とか
仲間のも入れて300くらい入れたかな?
結果
結局 
白樫かなと
土田先生も白樫でいいよと


f:id:amou10:20160317183148j:image
浩樹 四角玄翁を仕込んでみましょう

浩樹玄翁は精度が最高です

まずヒツ穴に面を取ります
f:id:amou10:20160317183836j:image
0.5ミリ位かな
精度良く45度
更にその面に軽く面を

柄の仕込み寸法は
正確に各箇所で寸法があり
原寸を出してやります
知りたい方はFAXします 笑

柄の加工 柄の仕込みは


打撃面を下に見て
柾目 使い
(鉋台と同じですね)

玄翁頭の打撃平面側(握って下)に木表を

f:id:amou10:20160317184553j:image

ヒツ穴部は特に精度よく
ヒツ穴に入る部分 角度変えます


柄を握って
小指 床から5分離れる角度です

f:id:amou10:20160318140831j:image

ヒツ穴部
 穴寸法プラス1ミリ弱くらい大きく
ここの1ミリは
材料の堅さ柔らかさを職人センス

読みで



綺麗な正四角形を精度良く

握り手側 
小口で
縦8分5厘 横8分

ややおむすび型

長さは1尺 


頭平面を下に見て
上場は真っ直ぐ

下場は
真ん中で少し凹ませます
打撃の吸収です

形が出来たら柄を入れます

先を木ゴロシしない方が良いです
木の繊維を壊します

頭を下に置いて
柄のケツを叩くのではなく 

空中でケツを叩き
仕込みます
f:id:amou10:20160317190119j:image
自然と入っていきます

木槌でやるといいと思います
f:id:amou10:20160317190133j:image
玄翁でも叩いてもバッチリいけますが

木口外して角叩いて
せっかく加工した柄をカケさせてしまうかもしれません(経験者は語る 笑

無理なく叩き入れます



f:id:amou10:20160317190621j:image
隙間は全く無く

f:id:amou10:20160317190705j:image
くびれ具合こんな感じですかね
f:id:amou10:20160317190905j:imageバランスセンス
f:id:amou10:20160317190931j:image
f:id:amou10:20160317191028j:image

楔は無しで 頭からやや手間で柄を止めておくのが 粋 と
(写真は浩樹を撮り忘れて幸三郎玄翁)

木口は丸みをつけます

仕込みは
全て鉋仕上げ

ペーパーを使うと木肌がイマイチです

硬い木で擦ると艶が出ます

使いながら鉋で微調整を
f:id:amou10:20160317192753j:image
幸三郎
全綱四角60匁80匁
個人的に
この仕込み寸法は
100匁以下かなと思います

最初 細い印象でしたが
これがいいんです
頭の重さが最大限振れて効きます

太いと握りは楽ですけど
棒を振ってる感覚が強くなりますね
曲がり柄もプロっぽくてかっこ良いけどブレます
弓を振ってる感覚で

まあ
まだまだ玄翁話はありますが

道具は自己満足

失敗しても
道具のせいに出来ないようにします

現場へ
お気に入りの道具で挑みます‼︎


f:id:amou10:20160317191359j:image
粋かな